fc2ブログ

tamako☆のHAPPYな日々

家族のHAPPY、お仕事のHAPPY、日々のちょっとしたHAPPYも、全部まぜこぜで綴っていきたいと思います☆ そして、読んでくれた人にちょっとでもHAPPYおすそ分けできたらいいなぁ☆ なんて。

誕生日じゃない日に来たチェブ

0   0


☆プレゼントのHAPPY☆

日曜日、お仕事中。
マイミクであり同じ建物に住んでるサトちゃんから
携帯メールが入りました。
「お届けしたいものがあって、不在だったので
メーターボックスに入れました」という内容。

「なにかなー?」と思いつつ、帰宅して開けてみると
丁寧にプリントアウトされたお手紙が。
「たまこちゃん♪
誕生日じゃない日、おめでとう(*^o^*)♪」

「誕生日じゃない日、おめでとう」という名言は
昔サトちゃんが日記で書いていて、
とってもいいなあ!!!と感動した言葉です。
だって、364日に使えるんだよ☆(^0^)


お手紙によると、雑貨屋さんでマトリョーシカ
(ロシア伝統の入れ子人形)を見つけ、
たまこがマトリョーシカ好きだったのでは?と思いだし、
買ってくれたとのこと!

しかも、プレゼントのマトリョーシカは
ただのマトリョーシカではなく、
「チェブラーシカのマトリョーシカ」なのです!
(チェブラーシカはロシアの謎の生き物です。
http://www.geocities.jp/koi_ti/cheburashka/cheburashka.html
すっごいかわいいの。
DVDの日本語の吹き替えの声が最高にツボ。)
サトちゃんとはmixiでお友達になって、まだ1年ぐらいなのに
ドストライクのプレゼント!

もんど(相方)に、
「わわわーーーー!!!!すごいものもらっちゃったーー!!!」
と見せて、共に喜びをわかちあいました。

チェブのマトリョーシカが
うれしかったことはもちろんだけど、
サトちゃんの日常の中で自分のことをふと思ってもらったことが
とってもとってもうれしいなぁ、と、
チェブ人形を順番に並べながら
心がぎゅうっとするようでした。


***
小学生のころ。
なにかの行事で軽井沢に行ったことがあった。
親はいっしょじゃないし、観光地は珍しいし、
立ち並ぶお土産やさんをまわるのが楽しくて、
家族だけじゃなくて
お母さん方の祖父母とか、東京に住んでる親戚のおねえさんとか、
思いつく限りの大切な人に
お土産を買った。
そのころ流行ってた
金属のプレートに名前を彫ってもらうキーホルダーだとか、
たわいも無いものだったけれど。
数日後。
親戚のおねえさんからお手紙が来た。
「みいちゃん(わたしのこと)、おみやげありがとう。
みいちゃんが旅先で私のことを思い出してくれたことが
すごくうれしかったです。」

小学生の自分に、その言葉は
わかったようなわからないような不思議な感じだったけれど、
なぜか心に刻まれた。
ずーっと忘れることはなくて、
ほらまたサトちゃんのプレゼントに、同じ言葉を思った自分がいる。


HAPPYなプレゼントっていうのは、
そのもらったモノよりなにより
その人の「あげたい」と思ってくれたキモチがうれしいんだ。

だから、自分が誰かにプレゼントをあげるときには
あげる人のことを「ギュっ☆」って、思って、
心をこめて、あげないといけないんだよ。と思う。

「キモチ伝わる」というのはどこかで聞いたコピーだけど、
たしかに
人の気持ちというものは
伝わるもの、であるのだよなあ。

関連記事
スポンサーサイト



Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://tamakodesign.blog.fc2.com/tb.php/231-797da053
該当の記事は見つかりませんでした。